ドルコスト平均法③ それでも私がドルコスト平均法を選ぶ理由

どうも。
プレミアムフライデーのないsalary_manです。

今回は、私が”仮想通貨の長期投資に向かない”としたドルコスト平均法をあえて使っている理由について挙げてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ドルコスト平均法を使う理由

1. 一定期間内の価格変動に対して、平均購入額を低く抑えることができる。

とくに仮想通貨は価格変動が激しく、数日の間で価格が大きく上下します。そのため、たとえば2日で4~5回に分けて買うことで、急な下落時にも割安で買い増すことができます。微々たるもんですが。

2. 機械的に購入するルールを作ることで、暴落に対して冷静になれる。

予期せぬ暴落に直面すると、人は「今こそ全力買い!coincheckもってくれよ!3倍界王拳だっ!!」「…いや待てよ、さらに下落が続くのでは?もう少し様子を見よう…」「ぎゃぁぁ爆上げしてるぅぅ!なんでさっき買わなかったんだ俺のバカバカ!」などと取り乱しがちです。
ドルコスト平均法に限りませんが、冷静に投資するためのツールとして投資ルールを決めるのは効果的です。

3. 購入資金が長くもつので、仮想通貨を買う楽しみを長期間味わえる。

楽しみを後にとっておくのも、投資生活を継続するコツです。

4. 一括購入できる資金がない。そもそも小遣いを切り詰めて毎月少額しか原資を作れない底辺リーマンには、こんな小手先の悪あがきしか選択肢が残されていない。

これが本当の理由です。(99.999%)

まとめ

…ま、まぁ購入方法なんて人それぞれでいいんですよ。かのバフェット氏も投資ルールは「損をしないこと」と言ってますし、小難しい論理を並べてないでもっとシンプルに考えればいいんです。

そんな私が守るべき投資ルールはただひとつ。

「嫁にバレないこと」

これに尽きます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告