取引所の開設方法(Zaif)③

どうも。
3連休が終わったサラリーマンです。死にたい。

前回に引き続き、Zaifの開設方法を説明します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

zaifの開設方法(続き)

家族バレしないよう本人限定受取郵便(特例型)への変更に失敗した私。
何事もなくポストに入っててくれ!と祈ったのも束の間…

まさかの不在通知!

嫁が居ない時に来たのか…助かった…

っていうかこれ簡易書留なの!?
必ず手渡しで受け取らなきゃいけないやつじゃん!他の取引所(bitflyer, coincheck)と同じかよー。

不在通知をこっそり回収した私は、自分で回収できる日曜日に再配達を依頼。
ほんとは嫁のいない日に指定したいけど、当面ないからなー。

そして昨日、予定通り郵便局員が到達。
いつも通りに自分で受け取って回収。
「え、さっきの?なんかネット銀行みたいな所からのお知らせっぽいよ」と適当にごまかす。

封筒もシンプルなので特に怪しまれず。ナイスZaif!

あとは中に書かれた暗証番号を登録するだけ。
これで開設がすべて完了です。

引き続き、Zaifをお楽しみください。

まとめ

ちょっと前までは簡易書留の本人確認がなかったので、比較的低リスクで口座開設できましたが、今は命懸けですね。

基本的には他の取引所も同じフローで開設します。
嫁バレリスクを背負う人は、どこを使うか慎重に吟味してからチャレンジしてください。
各取引所の特徴はざっくり以下のとおりです。(主観)

  • bitflyer

取扱通貨はBTC,ETH,LTC,MONA,BCH。
大手だが特にこれと言って特徴は…FXもしないし…

  • coincheck

取扱通貨はBTC,ETH,LTC,XEM,XRPほか多数。
UIがシンプルでアプリも操作感がよい。
全体的に手数料は高めだが、使いやすいのでおすすめ。
↓から登録すると私にアフリエイト収入が
https://coincheck.com/?c=glXDSfWLwnc

  • zaif

取扱通貨はBTC,MONA,XEM,BCH,ETH,その他トークン。
取引所形式で買うならここ。
スマホアプリがなぜかウォレットアプリで使えん。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告