複利の力で長期運用

どうも。
サラリーマンです。

他の投資商品と違い、仮想通貨には利息・配当がありません。
※2017/11/17追記
最近は保有数に応じて配当が出るPoS通貨が増えてきました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

利息が欲しい

「銀行の利息なんてあってないようなもんだし、仮想通貨の値上がりの方が儲かる!」と言ってしまえばそれまでですが、値上がり益は通貨の価値が上がっているのであって、通貨そのものが増えるわけではないです。

通貨を増やすには、FXのように短期トレードを繰り返すか、株式や債券のように利息を得るかの2択になります。
特に複利は、アインシュタインが人類最大の発明と言ったとおり(諸説あり)、時間と引き換えに絶大な利益をもたらします。

仮想通貨で長期投資を目指す私にとって、複利の恩恵は欠かせないのです。

利息を得るサービス

さて、仮想通貨を持ってるだけでは利息は発生しないので、他のサービスを利用する必要があります。
2017年現在、仮想通貨で利息が得られるサービスは以下のとおりです。

1. bitseederのレンディングサービス

海外の取引所poloniexが提供するレンディングを、全自動で処理してくれるサービス。
ビットコインは0.01BTC、その他の通貨は100通貨から貸出が可能。
借りたい人との相対取引になるため、金利は需要と供給のバランスによって変動する。

2. coincheckの貸仮想通貨

coincheck社に仮想通貨を貸し出して、利息を受け取るサービス。
10万円から貸出が可能。
貸出期間によって金利が変わり、最大で年5%となる。

3. 仮想通貨独自の機能

契約がないため利息とは異なるが、持っているだけで増える仮想通貨を選ぶ。
NEMのハーベスト、NEXTのフォージング、byteballのAirDropなど。(配当なので、複利の効果は望めない)

理想の複利投資

というわけで、私の理想の投資サービスはこんな感じです。

通貨 サービス
BTC bitseeder
LTC coincheck
XRP coincheck
XEM ハーベスト
その他 coincheck

※最近はbitfinexのレンディング等、サービスが徐々に増えているので、日々チェックしましょう。

まずはcoincheckに貸し出せる量まで、少しずつ買い増ししないと!

※2018/5/1追記

仮想通貨の価格自体が上がったため、coincheckの貸仮想通貨サービスを利用してみました!

注意!

法廷通貨と違い、仮想通貨の貸出は取引所リスクや貸し倒れリスクがあります。
全力投球しないように。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告