ビットコインで生じた利益は雑所得

どうも。
サラリーマンです。

ビットコインの課税方針について、国税庁のHPに見解が掲載されました。

さすが仮想通貨元年。最高値更新あり暴落あり課税ありと話題に事欠かないですな。

※みなさんと同じく、私も源泉徴収に骨の髄まで浸かった確定申告耐性0のサラリーマンです。
これから書く税金の話、間違ってたらごめんなさい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

国税庁の課税方針

詳しくはこちら↓
No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁

非常にシンプルに書かれています。

  • ビットコインを使用することで生じた利益は所得税の課税対象であり、雑所得に区分される。

これだけ。

たとえば…

  • 10万円分のBTCを買い、20万円まで値上がりしてから日本円に買い戻すと、差し引き10万円分得したため、雑所得として10万円がカウント。
  • 10万円分のBTCを買い、20万円まで値上がりしてから新宿マルイでブランド鞄をBTC決済。現金収入はなくてもやっぱり得したため、同じく雑所得として10万円カウント。
  • 10万円分のBTCを買い、20万円まで値上がりしてからBTCでネットショッピング。でもプロバイダ料金が年6万円かかった。。。→利益10万円-経費6万円=雑所得は4万円でカウント。(経費で下りればね)

そして…

  • 年収600万のサラリーマンが100万→500万円に値上がりしたBTCを換金すると、給与所得600万+雑所得400万=年収1,000万円プレーヤー!!→所得税爆上げで無事死亡。ちーん。
  • 通算で年20万円以上儲けたら、確定申告が必要。ちーん。
  • 嫁にバレずに確定申告…ちーん。

結論

ビットコインの利確&課税の実例ができるまで、気長に待とう!
男は黙ってガチホ!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告