資産管理アプリ「Cryptofolio」のAndroid版が登場!

どうも。salary_manです。

仮想通貨の資産管理を行うスマホアプリといえば、「Blockfolio」と「Cryptofolio」が有名です。

今までAndroidアプリはBlockfolioしかなく、twitterでCryptofolioのツイートを見るたびに「iPhoneいいなぁ」と羨んでましたが、ついに、12/5にCryptofolioのAndroid版アプリがリリースされました!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

Cryptofolioをインストール

Cryptofolioのインストールおよび基本的な使い方は、以下の公式サイトをご覧下さい。

ちなみに、Android Playで「Cryptofolio」と検索しても、類似アプリがうじゃうじゃいて見つけづらいので、公式サイトのリンクから飛ぶ方が早いです。


爽やかな青が目印。

さっそく使ってみた

Blockfolioに登録した資産情報をCryptofolioに登録しなおしました。(めっちゃ大変)


文字は大きめ。広告が目につく…


資産推移の折れ線グラフも爽やか。


Criptofolioと言えばこれ!円グラフ!

メリット・デメリット

BlockfolioとCryptofolioを両方使ってみて感じた、Cryptofolioのメリット・デメリットを挙げてみました。

メリット

  • 国内の取引所が選択できる。(bitflyer、coincheck、zaif、bitbank)
  • ポートフォリオが円グラフで見れる。
  • 日本語対応。
  • 公式サイトが便利。

デメリット

  • 広告が真ん中にあって見づらい。
  • 通貨を好きな順番に並べ替えれない。 改善されました
  • 若干読み込みが遅い。
  • ウィジェットがない。 ※実装されました

まとめ

これからAndroidアプリを始めてみる人は、日本語対応で使いやすいCryptofolioがおすすめです。

ただ、ずっとBlockfolioを使い続けてきた人は、Cryptofolioに資産を再登録するのがかなり大変なので、諦める人も結構いると思います。
(購入日を正確に登録しないと過去の資産推移グラフが描けないので)

ですが、「国内の取引所を選択できる」「ポートフォリオを円グラフで見れる」メリットは、わざわざ苦労してCryptofolioへ移行する価値があるのではないでしょうか。

iPhoneアプリで提供されている機能も随時追加されるそうなので、今後に期待です。

※2018/5/14追記
久しぶりに見たら大幅に機能拡張・改善されていました。やっぱりオススメです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告