「NEM総合アプリ」でXEM払いを体感しよう

どうも。
今日が仕事納めのsalary_manです。

テレビや雑誌で仮想通貨がしきりに取り上げられ、「100倍銘柄」「億り人」など、投機商品としての特集をたくさん見かけるようになりました。

でも、実際に仮想通貨で買い物したり投げ銭したり、通貨として”利用”したことがある人は少ないのではないでしょうか。

仮想通貨が利用されない理由はずばり、「利用できる店舗やアプリが少ない」からだと思いますが、今日は仮想通貨NEMで支払いなどが簡単にできる「NEM総合アプリ」を紹介します。

※2018/6/18追記
NEM総合アプリはデザインを一新し、「Raccoon Wallet」として生まれ変わりました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

仮想通貨NEMとは

おさらいですが、NEMとは「New Economy Movement(新しい経済活動)」を目的として創られた仮想通貨です。

NEMは特に日本のコミュニティ層が厚く、最近ではnem barやnemketなど、XEM払いできる店舗やイベントが徐々に増えています。

また、snemsなど、有志によるWEBサービスの開発も盛んです。
忘れがちですが、NEMは通貨としてだけでなく、ブロックチェーンを使っていろいろできるのです。(あまりよくわかってない。アポスフィーユとか)

NEM総合アプリを使ってみる

まずはAndroid PlayでNEM総合アプリをダウンロードします。
なお、iPhoneアプリはありませんので、Androidへの機種変更を推奨します。(アンチiPhone)


NEMカラーで統一されたシンプルなメニューです。

XEM払い用のQRコード生成

NEM総合アプリの「売り物リスト」は、XEM払いで販売したい商品と価格($XEM)を登録し、数量を入れると総額がQRコードで表示される機能です。

自営業者やフリーマーケットなどで役立ちそうですね。

ですが私はサラリーマンなので、「同僚と忘年会&〆のラーメンに行ってタクシーで帰り、後で割り勘を請求する」という設定で使ってみました。(フィクションです)


品名と価格を入力し、さらに数量を入力します。


すると一覧が作成され、下の方に総額が表示されます。


会計ボタンを押すと、QRコードが生成されます。
下に内訳も表示されるので安心です。

faucet(蛇口サイト)

また、このアプリではfaucetも実装しています。

(faucetってなに?って人は以下の記事を参照ググりましょう)


Get NEMボタンを押すと、広告動画が流れ、抽選が始まります。


コツコツ貯めましょう。

nemモザイクの画像を表示 ※未検証

画像付きのnemモザイクを持っていれば、アドレスを入力すると画像が表示される機能もあります。

試しに入力してみましたが、私、nemモザイク持ってませんでした…(アホ)

以前紹介したNEM Mainnet Faucetでは各種モザイクも配布してるので、そのうち貰えるでしょう。

この機能は単に画像を見るだけでなく、たとえば以下のような場面で応用ができそうです。

  • イベント会場の受付で入場券を提示する
  • 居酒屋で割引クーポンを提示する

まとめ

アプリの開発者によると、今後も総合アプリとしてアップデートを続けていくそうです。

(開発者)

仮想通貨は単なる投機商品ではありません。
ブロックチェーンという新技術、そしてこのアプリを使って、一足お先に未来を体感してみませんか?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告