coincheckで仮想通貨を貸し出してみた

どうも。
お正月ボケが抜けないサラリーマンです。
ひさびさの満員電車がきつい…

2018年早々、私の主要通貨であるNEMが高騰しています。

重要度スコアを一人で上げられないかと取引所間で送金してたら、Poloniexの出金制限&高額手数料にはまり500XEM近くGOXしましたが、これで帳消しですね 深く反省しております…

coincheck銘柄が次々と高騰する中、Blockfolioをボーっと眺めていて、ふと思い出しました。

「XRP, LTC, BTCの保有額が10万円越えたか~」

「…あれ?coincheckの貸仮想通貨できるんじゃね?

なんということでしょう…!

ここ最近買い増してないので忘れてましたが、通貨の高騰によって貸仮想通貨の実行条件(最低10万円)をクリアしていたのです!

完全に盲点でした。(アホ)

というわけで、XRP, LTC, BTCを貸し出してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

貸仮想通貨サービスとは

coincheckの貸仮想通貨サービスについては、以下をご参照ください。

なお、海外取引所(poloniex, bitfinex等)にも同様のサービスがありますが、APIなどの設定の敷居が高いのと、取引所自体があまり信用できないので、私はcoincheckにしました。

【注意!】
貸出金額は元本保証されていません。
取引所GOXとか貸倒れのリスクがあります。

イメージとしては定期預金より、社債に近いでしょうか?よくわかりませんが。

貸仮想通貨サービスの利用方法

さっそくcoincheckに貯まったXRP, LTC, BTCを貸し出してみました。
なお、2018年1月現在、coincheckアプリでは貸し出せませんので、WEBブラウザで操作します。(スマホでもできます)

1.貸仮想通貨アカウントに資金を移動させる

通常のアカウントは「取引アカウント」と呼ばれており、これとは別に「貸仮想通貨アカウント」を作成して、通貨を移動させておきます。


移動にかかる手数料もありません。
coincheck内で、取引用と貸出用に口座を2つ分けて持つイメージです。

2.貸仮想通貨アカウントに切り替える


右上のメニューからできます。

3.貸出期間、数量、自動貸出の有無を選択する

選べる貸出期間と金利は上記のとおりです。

念のため言っておくと、金利は年率表示なので、実際に受け取る金額は日数で割った利率になります。
(年利1%→14日間で約0.038%)

住宅ローンに苦しむ借金リーマンはすぐ暗算できるよね!

当たり前ですが、貸出期間が長いほど金利が高いです。
365日の金利5%は魅力的ですが、1年も動かせなくなるのはさすがに怖いので、私は90日3%にしました。

これでもかなり流動性リスクをとって挑戦したと思ってます。
とにかく仮想通貨界は変動が激しいので、匿名性の高い通貨やプロジェクトが進んでない通貨などは要注意です。

貸出申請中になれば準備完了。あとは待つだけです。

貸出状況はcoincheckアプリでも確認できます。

【注意】必ず貸し出せるわけではない

BTCは申請して3日程で貸し出されましたが、XRPとLTCは一週間以上経っても貸し出されませんでした。。。


貸し出せたのはBTCだけ。

使ってみて初めて気付きましたが、申請すれば必ず貸し出されるわけではないのです。

よくよく考えてみれば当たり前で、要はcoincheckが「利息付けて返せるか」の一点に尽きるのではないでしょうか。

BTCは信用取引を扱ってますので、どんな相場でも一定の需要があります。
その他のアルトコインは他の手段で利息を稼ぐ必要がありますので、昨今の値上がり相場上昇では利息が払えない可能性が出てきます。
そのため、アルトコインは借りてくれないんだと思います。

ちなみに、貸出申請中の通貨はすぐキャンセルできます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告