モバイルウォレット「Copay」で脱・取引所保管

どうも。salary_manです。

先日のコインチェック騒動で、「購入した通貨をどこに保存するか」について改めて考えさせられました。

今回の反省を生かし、脱・取引所保管を目指してモバイルウォレットを導入します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

取引所リスクを体験して

もともと私は「取引所に保管しておくのもアリ」派です。

業界的には非常識かもしれませんが、ハッキングや倒産などの取引所リスクより、秘密鍵の喪失や送金失敗などセルフGOXするリスクの方が断然高いと思っています。

さらに私の場合、嫁GOXするリスクもあるので、ハードウェアウォレットなんてとても扱いきれません。。。

補償こそないものの、取引所が通貨や秘密鍵を保管してくれるのは正直、魅力的です。

…ですが、今回の騒動で「取引所の全通貨が凍結するリスク」を思い知らされました。

流出した通貨じゃないのに、売買や出金はおろか決済すらできない。

近い将来、電子マネー感覚で使える店舗が増えたときに、資産凍結はちょっと厳しい。

そのため、ウォレットへの資金移動に着手することにしました。

ウォレットの種類

まずはウォレットの種類についておさらい。

ウェブウォレット(取引所含む)

  • Webサービスを利用。秘密鍵は業者が管理するので楽。
  • パスワード失念等も、サポートが対応してくれるかも。
  • セキュリティは良くも悪くも業者任せ。二段階認証が必須。
  • 常時オンラインのため、ハッカーに一番狙われる。

PCウォレット

  • 専用ソフトを使用。秘密鍵はPCに保存。
  • PC故障などでGOXするリスクあり。
  • セキュリティ対策は自前。
  • お得な機能もある(エアドロップ、ハーベスト)

モバイルウォレット

  • 専用アプリを使用。秘密鍵はスマホに保存。
  • スマホ紛失などでGOXするリスクあり。
  • 復元コードがあれば復旧が可能。
  • セキュリティ対策は自前。

ハードウェアウォレット

  • 秘密鍵は専用機器に保存。
  • ちと値段が張る。
  • 復元コードがあれば復旧が可能。
  • 基本オフラインなのでハッキングに強い。

巷では一番ハッキングされにくい、ハードウォレットが推奨されています。

モバイルウォレットを選ぶ理由

各ウォレットに対する私の評価は、以下のとおりです。

種類 ハッキング対策 セルフGOX対策 嫁対策 総評価
ウェブウォレット × 10点
PCウォレット 9点
モバイルウォレット 11点
ハードウェアウォレット × 8点

(◯:5点、△:3点、×:0点)

嫁に隠れてコソコソ投資するサラリーマンとしては、スマホで完結するモバイルウォレットしかないなと。

というわけで、いろいろなリスクを加味した結果モバイルウォレットに決定。

試しにビットコインウォレットから使ってみることにしました。

※注意!
モバイルウォレットは、スマホで楽々決済を目的に使うのが一般的です。よほど業の深い人以外は、高額な資金を入れないようにしましょう。
(私も、メイン通貨のNEMはPCウォレットに保管しています。)

Copayのインストール

モバイルウォレット選びですが、やれオープンソースだの、やれ暗号化だの、さまざまな観点で独自の調査を行った結果、一番操作感の良かったCopayにしました。

ユーザーインターフェースって大事だね。

公式サイトからダウンロード先に行けます。
Android,iOSの他に各種PCウォレットもあるようです。


アプリを起動して、ウォレットを作成します。
パスワードで秘密鍵を暗号化してくれるそうです。


メール通知は設定しておきましょう。
万が一ハッキングされた時、出金されたことに気付けます。


次に復元フレーズのバックアップをとります。


12個の復元フレーズをメモしましょう。


復元フレーズをメモしたか、テストされます。


最後に自己責任について念押しの説明。
もう知らないなんて言わせません。


ウォレットが作成できました。

Copayの特徴

文字打つのも疲れてきたので、スクショで説明します。


ホーム画面。BTCの他にBCHも扱えます。


受け取り画面。
“新規アドレスを生成”することができます。使い捨て用でしょうか。


Copayはウォレットを複数管理できます。
さらに今話題のマルチシグにも対応!


“共有ウォレット”を選ぶと、マルチシグのウォレットが作れます。


送金手数料は5段階で設定可。


アプリ起動もロックがかけれます。
ささやかな嫁対策…

まとめ

ハードウェアウォレットやPCウォレットに手が出せない隠れ投資家のみなさん、モバイルウォレットを検討してみてください。
※送金ミスにご用心

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告