coincheckに貸した仮想通貨が無事償還

どうも。salary_manです。

ビットコインの反発で仮想通貨界が盛り上がりを見せる中、一人孤独にワードプレスへの移行作業をしてました。
はてなブックマークを利用している方はご注意下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

貸仮想通貨が償還

さて、ブログの移行や会社の歓迎会に忙殺され、ZaifでBTC,BCH,ETHの買い増ししかしていませんでしたが、ふと久しぶりにcoincheckアプリを開いたら、以前申し込んだ貸仮想通貨が返ってきていました。

↓貸した時の記事はコチラ

当時はBTC,LTC,XRPを申請して、BTCとLTCが年利3%で3ヶ月間貸し出されました。

XRPはずっと申請中のまま、ついに貸し出されませんでした。もともとの単価が安く値幅が大きいので、レンディングには適さないのかもしれません。

3ヶ月貸し出した結果

貸仮想通貨の申込後にcoincheckのNEM盗難事件が発生し、「これが例の取引所リスクか…」と骨身に染みたものです。

もう返ってこないと腹をくくっていた仮想通貨たち、この苦節3ヶ月間を乗り越えて返ってきた結果は…

【BTC】

0.06892299 → 0.06943329(+0.74%)

【LTC】

4.185003 → 4.2159639 (+0.74%)

当たり前ですが、ちゃんと増えてました。

年率3%だと3ヶ月で0.75%なので、そこそこ合っています。

再度貸し出そうとしたら…

ちゃんと増えて返ってくることが確認できましたし、coincheckはマネックス証券に買収されて安定感が増すと思います。

なので償還された仮想通貨を再度貸し出そうと申請したところ…

「最低10万円分の通貨が必要です」

おどれがNEM盗難されて総悲観の巻き添え食らって10万円割ったんと違うんかコラー!!  投資は自己責任。恨みっこなしです。

10万円分貯まったら、また貸し出そうと思います。

何にもしていないのに枚数が増えるという不労所得感はなかなか気持ちがいいものです。

coincheck以外にもレンディングサービスを行う取引所はありますので、探してみてください。我らガチホ組には向いてると思います。

まだまだ実利用には遠そうだし…

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告