【スマホでブログ移転】レンタルサーバー&WordPress移行手順

どうも。WordPressからこんにちは。salary_manです。

ブログを始める時、はてなブログでデビューする人は多いでしょう。使いやすいUI、豊富なテンプレート、間違いなくおすすめです。

私もはてなブログからスタートし、Googleアドセンスの広告収入を夢見て有償のはてなブログproを契約しましたが、独自ドメイン+広告解除しか使わないため、正直利用料が高い。

それでも年間契約でたった月700円程度ですが、月3万円のお小遣いサラリーマンは経費削減に努力を惜しみません。
色々調べた結果、レンタルサーバーにWordPressを導入してブログを移行しました。これで月270円

もちろん、嫁にバレないようスマホでね
(その後のカスタマイズ等は、寝静まった後にPC使ってますが)

そこで今回は、月々のブログ代を見直したいと思っているリーマンブロガーズへ、レンタルサーバー契約からWordPress導入、記事の移転までをスマホのみで実施する手順を教えます。
(もはや仮想通貨は関係ない)

なお、移転作業は下記の記事を参考にしましたので、本気で取り組みたい人はこちらもご覧下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

レンタルサーバー導入

WordPressと聞くと「自分でサーバー建ててDBソフト入れてインストールして…」と思われがちですが、数クリックで簡単にWordPressを導入できるサービスのついた、レンタルサーバーを利用するのがおすすめです。

WordPressを利用できるレンタルサーバーはいくつかあり、大手ブロガーには高機能のエックスサーバーが人気のようですが、私は価格重視でロリポップを選びました。

ライトプランで月額250円(税抜)。貧乏リーマンも文句なし。

レンタルサーバー申込み

まずはロリポップのホームページにアクセスし、レンタルサーバーを契約します。

10日間の無料キャンペーンから申込み。

スタンダードプランがおすすめのようですが、迷わずライトプランを選択。もちろん後でアップグレードも可能です。

※最安プランは月額100円のエコノミープランですが、WordPressは使えませんのでご注意下さい。

アカウント名とドメイン名、パスワード、メールアドレス等を登録します。

独自ドメインの設定はWordPress導入後に行いますので、ドメイン名は適当に選びます。

その後、契約種別(個人/法人)や氏名、住所、クレジットカード情報などを入力します。

契約期間は1ヶ月から選べますが、6ヶ月以上だと安くなります。

私はキリよく12ヶ月にしました。

支払いを自動更新にしておけば契約期間を気にする必要はないですし、6ヶ月が途中解約する時に一番お得です。

有償のバックアップオプションもありますが、WordPressの無償プラグインを使えばいいので不要です。

超簡単にレンタルサーバーが手に入りました。

WordPressインストール

次は、自分のレンタルサーバーにWordPressをインストールします。

ロリポップでは「WordPress簡単インストール」機能が提供されていますので、それを使います。

ロリポップ管理画面の右上メニューから「WordPress簡単インストール」を選択。

インストール先URLですが、後で独自ドメインを設定する時にフォルダまで含めて置換できるので、適当なフォルダ名でよいです。

例)http://salaryman.secret.jp/wp1/~

→ http://secret-cryptolife.xyz/~

あとはインストールボタンを押すだけ。超簡単。

はいできた!

先ほど登録したユーザ名・パスワードを入れればログインできます。

WordPressテーマ設定

ブログを開設してまず取り掛かることと言えば、デザイン選びですよね。

WordPressでは管理画面や配布サイトから「テーマ」と呼ばれるテンプレートファイルをインストールすることで、手軽にデザインをカスタマイズできます。

SANGOやSTORKなどの超有名テーマは有償ですが、無償でもお洒落なテーマはありますので、ぜひ探してみてください。

デフォルトのテーマはこんな感じ。既に十分おしゃれですが、他のテーマを導入します。

まずは配布サイトからzipファイルをダウンロードします。スマホでも大丈夫。

子テーマがある場合は、あわせてダウンロードしましょう。通常は親子両方のテーマをインストールし、子テーマを使います。

管理画面から[外観]→[テーマ]を選択し、現在のテーマの[変更]を選択。

公式テーマを探すこともできますが、先ほどダウンロードしたテーマにするため[テーマのアップロード]を選択。

zipファイルを選択し、今すぐインストール!たったこれだけ。

こんな感じでインストール完了です。子テーマも忘れずにインストールしましょう。

ブログ移行

さて、いよいよはてなブログから記事を移行します。

流れとしては、はてなブログの記事全文をMT形式ファイルにエクスポートし、WordPressにインポートして、微調整を行います。

記事の移行

まずははてなブログの記事をエクスポートします。

はてなブログの管理画面で[設定]→[詳細設定]→[記事のバックアップと製本サービス]を選択し、エクスポートを実行。

エクスポートしたテキストファイルをダウンロードする。

こんな感じでテキストファイルになります。

WordPressの管理画面に移って、[ツール]→[インポート]を選択し、[MovableTypeとTypePad]をインストール。

先ほど作成したテキストファイルを選択し、インポート実行。

サクッと終わり。このあと微調整に入ります。

パーマリンク設定

インポートした記事はそのままでも全然公開できるのですが、URLの末尾が若干変わってしまうので、独自ドメインを移行しても、今までSNSやGoogle検索に載っていたリンクが使えなくなってしまいます。

こちらがインポートした記事の編集画面。記事自体のURL(パーマリンク)が表示されています。

こちらがはてなブログのURL。ドメインの次に”entry”があり、末尾も若干違います。

このURLを元の名前に戻してあげることで、過去記事のリンクやGoogle検索結果が継続して利用できるようになるのです。

WordPressの管理画面から[設定]→[パーマリンク設定]を選択し、カスタム構造をチェックしてURLの頭に”entry”と記入。これですべての記事のパスに”entry”が付きます。

URLの末尾はひとつずつ直していきます。

投稿記事の編集画面に移動し、パーマリンクの編集を選択。

URLの日付の部分を削除します。これを全記事ひたすら更新していきます。

面倒になったらやめてもOK。以前と違うURLで表示されるだけです。

その他作業

あとはWordPressを思うがままに使い倒しましょう!一般的に行う設定は以下のとおりです。

  • 独自ドメインの設定
  • アイキャッチ画像の設定
  • テーマのカスタマイズ
  • ウィジェットの導入
  • 固定ページの作成
  • バックアップ機能のプラグイン導入
  • 過去記事のリンク貼り直し

…意外と多いなぁ。まだ終わってないや。

まとめ

固定費削減はサラリーマン世代の嗜みです。

はてなブログもいいけど、より安くブログ運営したいならレンタルサーバーで快適なWordPressライフを!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告