マテリアルデザインのNEMモバイルウォレット「Raccoon Wallet」

どうも。salary_manです。

以前、仮想通貨NEMのモバイルウォレットとして紹介した「NEM総合アプリ」が、デザインを一新して「RaccoonWallet」に生まれ変わりましたので、紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

RaccoonWalletとは

「NEM総合アプリ」の作成者:山田ユキ氏率いる開発チームが、Google提唱のマテリアルデザインを取り入れて開発した新たなNEMモバイルウォレット、それがRaccoonWalletです。

一般的なウォレット機能の他、売り物リストMosaicギャラリーなど、日常でNEMを使いこなすためのあらゆる機能を搭載しています。

※順次開発中とのこと

RaccoonWalletの使い方

インストール

以下の公式サイトからダウンロードしてください。

Android,iOSの両方に対応しています。

初期設定

まずはアプリを起動します。

Get Startedを押します。

NEMアドレスを新規作成するか、手持ちのNEMアドレスを登録するか選びます。

私はPCウォレットで作成したNEMアドレスを登録しますので、「LOGIN」を選択。

NEMの秘密鍵をQRコードで読み取るか、直接入力します。

ホーム画面です。

マテリアルデザインっておしゃれだよね。他のモバイルウォレットもこれくらいUIに力をいれてほしいもんですな。

各種機能もデザインが洗練されています。

QR Labでは開発中のようです。

フリーマーケットなど、NEMで決済するときに役立ちそうです。

なお、下のメニューの他、右上のNEMマークを押すとスライドメニューが出ます。

初めは気付かなかったので、NEMマークをボタンっぽい見た目にしてくれないかなと思ってます。

スライドメニューはこんな感じ。

セキュリティ

スライドメニューから設定画面に移ると、パスワードロック指紋認証を設定することができます。

スマホ紛失に備えて、必ず設定しましょう。

また、一番下のセキュリティレッスンを選択すると、仮想通貨の基本的なセキュリティ対策を学べます。

仮想通貨ビギナーのリテラシー向上に貢献する姿勢、素晴らしいです。

その他、AESBcryptoなど、アプリ自体のセキュリティ対策も施されていまるようです。(難しそうなので割愛)

まとめ

仮想通貨を日常で使うことを意識して作られたアプリだと感じました。

こういうところは、NEMやMONAなど層の厚いコミュニティが成せる技ですね。みんなで普及させていく感じ。

今後、NEMCafeやNEMKETなどのNEM決済できるイベントで、RaccoonWalletを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告